読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「97kgからのダイエット」 58kgになるまで

アラフォー女性。リバウンドを繰り返して痩せにくくなった身体で最後のダイエット!

スポンサーリンク

お菓子を「自分とは関係ない食べ物」として見る方法があります

ふと見るとテーブルの上に家族がもらってきたと思われるチョコレートが。
太っていた頃はこういうお菓子トラップによく引っかかってたな…。

痩せ体質の人って、
「好きな食べ物だけど、今気分じゃないから食べない」
「お腹が空いてるけど、これは食べたくないので食べない」
っていう事が普通にできるんだよね。
うらやましい!

私はお腹が空いてなくても好きなお菓子を差し出されると普通に食べるし、あんまり好きな物じゃなくても目の前にあったら食べちゃうタイプ。
別に飢えそうになったトラウマなんかもないんだけどな。
食い意地ってやつですね。

今は少し意識の矯正が効いてて、テーブルにお菓子があっても「自分とは関係ない食べ物」として見ている感じ。
(うん、お菓子だね、そういう物もあったなあ。)
という感じで味とか食感も想像しない。
「昔の知り合い」を見かけた感じです。
(いいな~お菓子食べたい)って思う自分も少しはいるけど(笑)

もうちょっと衝動が強い時期(「未練のある元カレ」レベル)は、
(お菓子…あぁ!クッキー!ポテチ!…いや待て、脳内で再生してみよう)
そのまま味を思い出す。
鮮明に具体的に脳内再生します。
エアもぐもぐしてもいいです。
そして、
(うん、味はわかった。これはもう知ってる味だから食べなくてもわかってる)
という感じで手を出さないことに決めます。

「今、お菓子に手を出さない事に決めたのは自分!」
誇らしく胸を張って自分を褒めます(笑)
そんな事を繰り返していると目の前でお菓子を食べられて「一口食べる?」と言われても、だんだん誘惑に勝てるようになります。
初期は一口ももらわないほうがいいです。
一口じゃ済まないから。
私は今も「一口食べる?」は一口ももらいません。
「ううん~だいじょうぶ~(ニッコリ)」で済みます。
しつこい相手もいるかもしれませんが、何度も同じ事を言ってやればいいんです。
無理やり口に突っ込んでは来ません。

でも、最強の断り言葉はこれです。
「ありがとう~でも歯が痛くて食べられないの。」
これでもう、あなたは「やっぱり一口ちょうだい!」とも言えなくなります(笑)

チョコレートなんかは体にも良いし、物によってはダイエット中のおやつとして食べていいものに入るんだとは思います。
だから「すんごくおいしいチョコレートを1粒。すんごくおいしいコーヒーでいただく。」
みたいな食べ方ができるのであればアリなんだけど、自信がない人は目標達成まではケジメとして控えることにしたほうがいいかも。
ちょっとしたキッカケでグダるっていうのは、よくあることです。
(私の史上最低のちょっとしたキッカケは「クリーム大福」1つです)

普段自分は運動後などに「プロテインバー」という名のめっちゃゴッテリしたチョコバーを食べているのでチョコ欲は割と満たされています。

最近、欲望として強いのは「ミックスナッツを死ぬほどいっぱい食べたい」欲。
バタピーとかもずっと食べてないな~。
80gくらい一気に食べてみたい…。
まあ、いつかそんな日も来るのかもしれない。
・・・くらいに軽めに思っておく。