読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「97kgからのダイエット」 58kgになるまで

アラフォー女性。リバウンドを繰り返して痩せにくくなった身体で最後のダイエット!

スポンサーリンク

「太っていた頃の服」と「今の服」を比較してみました

去年の夏~秋(ダイエット中盤60後半~70kg台)に着ていたTシャツを3枚処分しました。
レディースXL、メンズLくらいかな。
部屋着として使えない事もないんだけど、微妙なブカブカさが居心地悪くてあまり使わなくなっていたんです。
家中を拭きまくりました(笑)

そしてあまりに布地が大きいので、何かに使えるんじゃないだろうかと思いとって置いたピーク時のTシャツも処分しました。

f:id:origohoney:20170223221825j:plain

上:現在着ているレディースの普通のTシャツです。身幅42cm。
(裏返しで失礼)
下:メンズXXLサイズ。お尻まで隠れます。身幅63cm。
(ニッセンやベルメゾンでみるとレディース4L~6L)

メンズXXLサイズ…。
これ以上小さいTシャツは、体のラインが目立つので
1枚で外には出られませんでした。
ヨガのレッスンも、初期はこのTシャツでやってたなぁ。

面白いのはこれらのTシャツ、値段が10倍違う事。
大きいほうが、小さいTシャツの1/10の値段でした。
服って、なんなんだ…と思わずにはいられない。

大きいほうは68~ピーク90kgオーバーくらいによく着ていました。
オーバーサイズ気味で着てるつもりだったんだけど、さぞかしマツコのようなたっぷりした見た目だったでしょう。
自分で鏡を見ても、ほら、自分フィルターかかっちゃうし、そもそも鏡をじっくりチェックなんて、嫌だったしね…。

久しぶりに大きいTシャツを見ると、でかい!のひと言。
お相撲さんが着る服みたい。
ソファの上で広げたら座面からはみ出てしまうのでベッド上へ。
私はソファよりでかかったんか~い(笑)

体の線を拾われたくなくて、ヘビーウェイトの厚手のコットンTシャツを選んでいました。
厚いし暑いし熱かった。
でも薄手にしたら、背中の肉からお腹の肉から何から何まで透けて見える気がして着れませんでした。

痩せてから、何枚か服を買ったり人からおさがりをもらったりして「自分はどんな服を着たいんだろう」と考えていました。
人並みのサイズになり、嬉しくてピタピタした細身の格好もしてみました。

私は、「色々着て楽しみたいタイプ」ではなく、「気に入った服ばかりくり返し着るタイプ」です。
似合わないとか、何か納得できなかったらその服の存在を忘れてしまって着なくなってしまうので洋服は数を持たないように気をつけています。
そして、痩せて「体型カバー」「サイズで選ぶ」という枷がなくなった自分がしょっちゅう着ている服の共通点に気づきました。

「首元が少しあいていて、やわらかくて、うすくて、よくのびる」

太っている時と正反対の服でした。
かといって、ピッチピチのスキニーやカットソーでもなく。
肩の凝らない、気張らない、のびのびとした格好が好きだったのです。

薄くて柔らかい生地がつかず離れず体に沿います。
でも今は体のラインを拾われてもたいした問題ではなくなってるから平気。
姿勢を良くすればお腹もまあまあ平らです。

「シンプルで少し女らしくて肌触りのいい楽ちんな服を着ている、耳の軟骨にピアスを開けたばかりのアラフォーの女」
なかなか良いのではないでしょうか(笑)
気に入っています。