読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「97kgからのダイエット」 58kgになるまで

アラフォー女性。リバウンドを繰り返して痩せにくくなった身体で最後のダイエット!

スポンサーリンク

「体の声なんか聞こえねぇ!」 

雑誌「ヨギーニ」のバックナンバーを時々読んでいるんだけど、Yogini(ヨギーニ) Vol.53「カラダの声、聞いていますか?」という特集があった。
↓(Kindle Unlimitedの方は無料の読み放題で読めます。)


「体の声なんかそうそう簡単に聞こえるわけないじゃん。聞こえてたら私はあそこまで太ってないよ!」というひねくれた心の持ち主である私が喧嘩腰で読んでみたんですけど(笑)
でも、やっぱりそれも間違ってなかった。

綿本彰さんが、
「心の中はエゴに占拠されていて自分勝手な事ばかりが大音量で流れている」
「ありのままの声と勘違いする人が多い」
「体の声を聞くには、これまでの傾向を改善する努力が必要である」
という事を言っていて、それがものすごく自分の腑に落ちた。

まるっきり私はエゴに占領されていて、自分勝手な気分にまかせてひどい食べ方をしてきた。
自分勝手な心の声に従ってきた結果、90kg越えの肥満。
エゴを優先してきたのに、自己否定の塊になってしまった。

【人事を尽くして天命を待つ】という事の大切さ。

(そんなにストイックにやらなきゃいけないの~?はぁ…)とため息が出てしまう自分もいるんだけど、「俺はもう…やれるだけの事はやった…!」という気持ちになれるほどの努力をすれば、自分を丸ごと愛して受け入れる事ができるのかもしれないな、と思った。

なるほど、体の声が聞こえるようになるには、心の中に大音量で流れているエゴの声を静める努力をしなければいけない…。
私は、体の声、まだほとんど聞こえませんね…。

でも、ダイエットに関してはうっすらと「私…エゴの声に惑わされない努力は結構してきた!辛かったけどがんばってる!」という自信と誇りは育ってきてる。
人事を尽くすとまではいってないけど(笑)

「ただひたすら、余分に食べない日を積み重ね、淡々とヨガをやる」

なんだか「美しい日々」って感じだけど、実情は湧き上がる食欲を何度も我慢するし、毎日運動なんて正直すごく面倒くさい。
そんな日々。

でも、これをくり返す事で、自分に一番似合う体型になっていくんだろうか。
そして私にもいつか自分の体の声が、ひょっとして聞こえてくるのかな?

聞いてみたいかも。

と思わせてくれた、今の自分によく響いた特集でした。