「97kgからのダイエット」 58kgになるまで

アラフォー女性。リバウンドを繰り返して痩せにくくなった身体で最後のダイエット!

スポンサーリンク

なぜ、私にはできないのか?  7月21日

f:id:origohoney:20170721194328j:plain

 7月21日 (金) 記入
体重     59.5kg     体脂肪率     23.5% 
骨格筋率:27.4
摂取:計 1494kcal
(たんぱく質114g脂質34.6g糖質191.5g)


雑誌「ヨギーニVol.58」
「なぜ、私にはできないのか?」特集をぼんやり眺めていました。

↓これです。

ポーズ、呼吸、瞑想、ライフスタイル…ヨガだけではなく、「ジャンクがやめられません」とか色々な「なぜ、私にはできないの?」がありました。

ヨガをやっている人ってどんなイメージだろう。
体が柔らかくて…ベジタリアンとか…常温のお水飲んでそうとか?

細そう。
意識高そう。
いつも穏やかで落ち着いてそう。
悟りひらいてそう。
スピリチュアルそう。

…ところが、実際にヨガ業界をちょっと覗いてみたら、「そうでもないかもw」と感じる部分もありました。
といっても、私はまだヨガを始めて2年くらいしかたっていないんですけど、そんな浅い自分でも色々な先生やヨギーニの話を聞いてみると、なんとまあ本当に個性的な方々がいるなと思います。

人生を丸ごとヨガにして、真面目にストイックに練習を重ねて修行している人も、もちろんたくさんいらっしゃる。
水の「気」まで感じると言う人もいれば、ヨガに精神性を持ち込まずにストレッチ体操と捉えている人もいる。

ヨガをやっているからと言って、みんながみんなストイックに練習しているわけでもないし、ナチュラルでオーガニックでエコでロハスな完璧な毎日を過ごしているわけでもない。

エゴ丸出しで生きている人もいるし、短気な人もいるし、どうみてもヘルシーじゃないなって人もいる。

そりゃそうです。
ヨギーニもお坊さんもそうですけど、みんな修行の真っ最中なんだから、悟りを開いている人はいないはずなんですよね。
た…たぶん…ほぼいないと思うw
悟ってる人がいたらすみません。

海外にはDana Falsettiさんというプラスサイズの有名なヨギーニもいます。
ヨギーニのイメージを覆す人として話題になりました。
「太っているし硬いからヨガなんて…」と臆していた私は、彼女から「太っていてもヨガは楽しめるんだな」と大きな勇気を貰いました。

また彼女は姿がきれいなんですよね。
「ああ、太いとか細いとかじゃなくて、自分を好きかどうかが見た目に表れて、それが人の目に映るんだなあ」と感じます。

www.instagram.com


それからこの「ヨギーニVol.58」にもちょうど載っていらっしゃいましたが、「生きた鶏をさばいて命の重さを感じた」とか「自分はいわゆるスピリチュアルなタイプではない」という話をレッスンでされる方もいます。
私個人としてはそういうタイプの先生は大好きですし、ある意味すごくイっちゃってて素敵な雰囲気を持った人気のある先生ですが、もしかしたら、そういう話を聞いて眉をひそめる人もいるのかもしれない。
思想、好み、スタイルは様々です。

ヨガを始めてから、自分の物事の捉え方や考え方がどんどん変化していて、初期からのヨガについての日記を読み返すと本当におもしろい。

今はほぼ毎日ヨガをやっていますが、なんというか、非常にゆるくやっています。
一時期ほどの「簡単なポーズでもちゃんと深めたい!」という感じも弱くなり、その前時期の「難しいポーズをできるようになりたい!」という欲望もあまりないです。
もしかしたら、以前は出来たけど今はもうできないポーズもあるかもしれない。

最近はこんな感じです。
・朝起きてチャイルドポーズを5秒やっただけでも「ヨガやったな」
・ナヴァーサナで膝が伸びない日もキニシナイ!
・テレビを見ながらやるときも。

これでも「毎日ヨガをやっている自分」になっているなんて我ながら本当に驚きです。
すごいと思う。

※もちろんケガに繋がったり、効果が出なかったりする場合もあるので、そこは勉強したり指導を受けたりする必要はあると思います。

「なぜ体が硬いんだろう」「なんで自重も支えられないんだろう」「もっとがんばりたいのにがんばれない…」という「なぜ、私にはできないのか」を少し乗り越えて、(というか一旦横に置いといてw)、今はなんだかふわ~っとヨガを楽しんでいる最中なので、この雑誌の特集を改めて読むと「ああわかるなあ~」という気持ちになりました。

ダイエットも似てるかも。
「どうしてダイエットできないんだろう」「どうして痩せたいのに食べちゃうんだろう」と「ちゃんとできない自分」を責めて、追いつめてもうまくいかない。

ダイエットがうまく行かない人って、完璧主義の人が多いですよね。
私もこのタイプだと思うけど、妙に生真面目というか。

運動を何時間もやったり、計画通りの食事をとった「100点の日」じゃないとダメ。
できなかったらとたんに「0点の日」にしちゃう。
はたから見ると「なんでそんなに…」って感じの事をしてる。

100点の日なんてそんなにたくさん作れないから、0点の日が多くなって結局リバウンド。
「ちゃんとした自分でいたいのに」「理想の自分」でいられないから自己嫌悪のくり返し。
当たり前ですよね。
100点の自分を24時間365日やれるわけないのに。

自分がマイナスだと思っている部分をかたくなに受け入れずにいると無理が出てくるに決まっています。
0点の日が何年も続いて…理想とは正反対の自己否定の塊ができあがる。
ああ、すごく自分。
なぜ「ゼロか100」「白か黒」にするのか(笑)

書いてて思った。
ダイエットももうちょっとふわ~っとしよう。

かといって、あんまりふわ~っとしすぎてても痩せないんだけど(白目)
0点で太り、50点で維持、100点で痩せるんだとしたら、平均51点以上じゃないと痩せない。
だからがんばる事をやめるのとは違うんだよね。
ふわ~っとがんばるのって難しい。

雑誌「ヨギーニ」
ヨガをやっていない人が読んでもおもしろいと思います。
ヨガをやりたくなるしね。



野菜スープ
(コンソメブロッコリーカリフラワー人参卵1/2)
オールブラン25g
コーヒー
牛乳100ml
サプリ各種
243kcal


りんご1
レタス
ささみ3
中華スープ卵1/2
スイートチリ
440kcal


プロテインバー

コーヒー
牛乳100ml

スマートチーズ1


野菜スープに海藻麺
ミックスビーンズ100g
オイコス
ブルーベリー
美酢大1
409kcal


たらみ濃いパインゼリー0kcal

養命酒+ホットレモン

間食分
329kcal