「40代からのマイペースダイエット」 58kgになるまで

アラフォー女性。リバウンドを繰り返して痩せにくくなった身体で最後のダイエット!

スポンサーリンク

変化した生活・ダイエット観

f:id:origohoney:20180610175018j:plain

これは数ヶ月前かな?一番トレーニングをがんばっていた時期の画像です。

今は体脂肪率が+2%くらいになっているので、もうちょっとプヨっとしています。

(壁紙のモアレがすごかったので雑に修正したけど、雑すぎてごめんなさい)

 

過去記事をちょっと読み返してみたのですが、そこそこはキープできていたみたいです。

 そんなわけで、空白の7ヶ月間で何があったのかを書いていきます。

 

1.忙しい!

生活が変わりました。忙しいんです。

実は仕事で独立しました。

ここは赤裸々なダイエットブログなので身バレしないように、私生活についてはふんわりぼかしたり、嘘にならない適度に盛ったり削ったりしていたのですが、仕事についてはあまり書いていないはずです。

(ここに書いちゃおうかなーでも顔も居住区もわかっちゃうしなーちょっと恥ずかしいなー、でも、お役に立てるかもしれないなーどうしようかなーと今考え中です笑)


私は、少し変わった事をマイペースでしていました。

ところが、独立してみたらやることが多いこと多いこと。

嬉しいしありがたい事なのですが、とても以前のようにジムに入り浸り。ということが出来なくなってしまいました。

その中で気づいた事。

「今の生活のペースの中で無理なく、ダイエット要素を入れていかなきゃ続かない」

でした。

 

スポンサーリンク
 

 


2.「筋トレ」好きじゃない!

以前は、筋肉欲しいから筋トレ。という感じでした。

だけど私、「筋トレ」が好きじゃなかったんですね。

自重だろうがマシンだろうが、自宅でもジムでも、1人で筋肉だけの事を考えてモクモクすることが毎回楽しみ!と思えなかったのです。

 

外国ではわかりませんけど、日本のトレーニングジムは1人で行っても人と話す機会がないんですよね。

筋トレマンさんにやり方を聞いたりはできるかもしれないけど、同じ感じの目標を持っている人と知り合って励ましあう。

なんてことは、よっぽどどちらかが人懐っこい!とか、お世話大好きな人!じゃないとそうそうチャンスは生まれにくい。

パーソナルトレーナーさんが指導してくれる時は1人じゃないのでがんばれましたけど、ちょっとコスト的にも続かない。


そこで出会ったのが格闘技ジムでした。

月額会費だけで、毎日好きな時間に行き放題。

一緒に練習している人たちとも話をすることができる!

トレーナーや現役選手がアドバイスをくれる!

ミットを持ってもらい「このあといくらでも休んでもいいから、あと10秒がんばれ!」と追い込んでくれる。

縄跳びがどうどうとできる!(さりげなく重要)

そして自分がなんだかかっこいい!気がする。

モチベーションが上がればさらに筋トレもできる。

という事で、今のところ私には普通のトレーニングジムよりも楽しく感じています。

といっても週1.2回で精一杯なんですけどね。

 

 

3.「変わっていないダイエット観」

7ヶ月前、最後の記事にも書いていますが、ものすごーーーーーく色々やってきて着地した考えは変わっていません。

 

www.origo58.club

 

「正直、引き締まったいわゆる「かっこいい体型」を目指さないのであれば、運動なしの食生活改善だけで、十分その人の生活に合った筋肉がついた体型になると思う。」


「楽しいと思えないなら無理に運動はしないでもいい気がする。」

 

やっぱり、「かっこいい体型」には憧れるんですけど、あれを維持するのってすごく大変なんだとわかりました。

私は「あの努力が苦にならない。むしろ喜びを感じる人」

ではなかった!ということです。

 

今回は、変化した生活と、運動について、ダイエット観についてでした。

次回は、「じゃあ今のダイエットルールはどうなったのか?」です。