「40代からのマイペースダイエット」 58kgになるまで

アラフォー女性。リバウンドを繰り返して痩せにくくなった身体で最後のダイエットをしたその後のキープブログ

スポンサーリンク

【私が占い師になるまで】

ちょっと腰を傷めちゃいました。

物を移動させるときに横着なやり方をするとダメですね~。

今週は安静かな。

というわけで、前回書きました「初回タロット無料鑑定」

今週は平日昼、空いてます(笑)

いやー今週は対面ばっかり入れてたんですよね。

知り合いなので「会おうよ~」半分の約束だったからキャンセルさせてもらえたのが幸いですけど、そうじゃなかったら匍匐前進で行くところでした。

自己管理きちんとしなくては…。

 

おかげさまで、「初回無料タロット占い」

たくさんお申込みをいただいております。

※お申込み期限は2018年7月末までです。

でも、詰めっ詰めでスケジュールを入れているわけではないので、「忙しいのに申し訳ないから~」って思いやっていただかなくて大丈夫ですよ。

なんだか恐縮しながらお申込みくださっているので、逆にそんな気遣っていただいて…ありがとうございます。本当にみなさん優しいですね。

でも遠慮なく「よっしゃー!無料だしやってみちゃお!」ってお申込みください!

誰の損にもならないことなんです。

私もお金が入らない事が損だとは思ってないんです。

むしろ私の経験地を積ませてもらえて、タロットを知ってもらう・経験してもらえることはとてもありがたいことなんですよー!

 

www.origo58.club

 それではね、次ー!

占い師にどうやってなったの?っというお話です。

 

【私が占い師になるまで】

元々私は、正しい占い方も何も勉強せずに、タロットで瞑想みたいなことをしていたんですね。

1枚だけひいて、出たカードの絵をじっと見て「今回このカードが出た意味は何なんだ?」みたいな感じです。

 

そしてご縁があった師匠について学び、占う事を本格的に覚えました。

私の師匠は、ベテランの占い師ですが、ちょっと毛色の違う私を本当にうまく占い師へと導いてくれました。

ふんわりした癒し系の師匠ですが、過度にオカルトやスピリチュアルな人ではなく、妙にリアルで、そこが私の価値観と合っていたのが良かったんだと思います。

「師匠と同じ感じの占い師になりたい!」って思いましたけど、全然違うキャラ・スタイルになっちゃいましたね~。

 

師匠からは、占い方はもちろん、占い師としてどうあるべきか・商売として成り立たせるにはどうしたらいいか・お金をもらって占うということがどういうことなのか・人間としてどうあるべきか・・・色々なことをマンツーマンで、時給に換算するとちょっと申し訳ないくらいの金額で、たくさん教わりました。

 

そして私に「私は誰も所属させていません。あなたは他の所にも所属せずフリーでやったほうがいい。後々何か困ったらいつでも聞きなさい。」と言って、ポンっと送り出してくれたのです。

占い師、誕生。

 

これで、完璧な占い師になったわけではありません。

さらに自分の軸を作り、精度を上げ、適切な言葉でお伝えする。

これが占い師の一生をかけて勉強することなのだと思います。

 

現状、プロの占い師になるために必ず必要な資格などはありません。

なんて言えばいいのかな。

「カードの意味全部覚えりゃなれる」っていうわけでもないと思うんですけど、この辺は難しい所だと思います。

プロと名乗っていない人、お金をもらっていない人でも「本物」はいますし、プロと名乗っている人でも、「本物じゃない人」っていうのはいます。

占い師になるためのスクールやレッスンはたくさんありますが、商売がからんでいたり色々な良し悪しは、正直ある、というのが現実です。

今思うと、師匠は私に対してものすごく善良で純粋な育て方をしてくれたのがわかります。

「フリーでいなさい」と言ってくれた意味も今ならわかります。

所属占い師の苦労話は聞いていたのですが、うまくやっていける占い師もいます。

しかし私はどこかに所属して活躍するタイプではありませんでした。

なかなかお会いすることはできなくなりましたが、今でもおつきあいは続いていますし、本当に感謝しています。

(※大変申し訳ないのですが、師匠についてお問合せいただいても大変多忙な方なので今回ご紹介することは控えます。)

 

そこからは家族・友達・知り合い…と口コミだけでやっていたのですが、ちゃんとシステム化しないと回らなくなってきたので、この度開業という運びになったのです。

私ね、すっごく若い頃ダンス講師やってたんです。
これも「ダンサーになりたい!講師になりたい!」とか思ってなくて、単純に趣味でやってたんだけど、流れでなったんですよ。

占い師もね、「占い師に俺はなる!」なんてひとかけらも思ってなかったんですけど、流れでなってしまいました。

人生は不思議ですねー。

 

「占い師になりたい!」と思っている方は、どうすればいいのか。

私も大ベテランというわけではないし、むしろ若手なので、「こうすればなれるよ!」とはっきり言う事はできませんが、まずはタロットと仲良くなることから始めましょう。

私が師匠から教わったことはこんな感じでした。

・事前の知識がなくてもいいので、カードの絵をまずよーく見ることから始める。

・たくさん人を占わせてもらう。(しかも同じ人を定期的に占うということはとても大切です。)

・占いでも人生でも、積んでいった経験から、たくさん自分の引き出しを作る。


あとはね、「タロットに直接聞いてみる」

勉強も色々なやり方があると思います。

ただ、あれこれたくさん本を買い込んで色んな解釈を学ぶというのは、最初はしないほうがいいと私は言われました。

自分の軸をブレさせないためです。

 

 

f:id:origohoney:20180710020619j:plain

これは、「商売とか抜きで、私とタロットは今後どんな関係になっていくの?」と聞いた結果です。

過去・現在・未来・結果・ラスト1枚。

下の段は補助(なぜならとか、~だから)というカードです。

意味がわかる人はわかると思うんですけど、私はこの展開を見た時、本当に嬉しかったです。

もう迷わない。あなたは確かにいる。

どんなカードが出てもあなたに対しては全部責任を持つ!

あなたとは絶対に離れないって思いましたね。

(現状にカップ1Rが出ているのはフフフ…ですよね~笑ってなっちゃいましたけど)

なんのこっちゃ?って思われる方も多いと思うんですけど、タロットカードは誰もが簡単に手に入るもの。

そして「よく見ていくとみんなわかってくる」ものです。

「占い師」にならずとも、全部わかっている存在からのメッセージで物事を俯瞰的に眺めるという作業は楽しいし、なんていうかな、「あぁ~、そっかぁ」ってなります。

「これからタロットやってみたいな」と興味を持っていただいた方に参考になればうれしいです。